12月19日(現地時間)にスリランカの旧首都コロンボで開催される京都のボクシングジム「フュチュールジム」主催興行に、日本のプロレス界からSEAdLINNNGの高橋奈七永と、ワールド女子プロレス・ディアナのSareeeが出場することが決定した。
同イベントのメインイベントではWBO女子世界アトム級選手権が行われ、スリランカ国内で生放送が予定されている。

 

この大会に奈七永とSareeeをブッキングした株式会社ファーストオンステージの中村祥之代表取締役は、「フュチュールジム、平山(靖)会長とのご縁で、同イベントにて日本の女子プロレスを<日本の文化>としてスリランカへ輸出する機会を頂きました。
現在僕自身も来年2月13日に予定しているミャンマー初のプロレス大会の準備でヤンゴンに滞在し最終調整を行っております。
スリランカにおいても男女問わず初のプロレス試合になります、参戦する2選手には日の丸を背負って出場してもらいたいと思います。
又、本来であれば12月20日に試合のあるSareee選手を快く送り出してくれたディアナ渡部潤オーナーには心より感謝申し上げます」とコメント。

 

出場が決まった2選手のコメントは以下の通り。

 

 

奈七永選手
「スリランカでプロレスが行われるのは初ということでとてもワクワクしている高橋奈七永です!
日頃から私が“女子プロレス”だと信念を持ってリングに上がっていますが、更に女子プロレスを背負ってスリ ランカで目一杯のパッションをアピールしてきます。
SEAdLINNNGの最初の三文字はSEA=海です。海を超えていくぞ!という願いを名前に込めましたが、このように一歩一歩進んで行けることに感謝して、これからもプロレスを日々邁進していきます!やればできる!SEAdLINNNG!d!」

 

Sareee選手
「ディアナのSareeeです!今回初めて海外で試合をします!
スリランカ!!初めて聞いた国でどんな国なのかわかりません!
とても緊張していますが日本の熱い熱い女子プロレスというものを広めてきます!
これから世界に出てたくさんのことを学びたいです!」

 

 

Sareee選手は12/20のラゾーナ川崎大会欠場となります。