9月16日(水)東京・新宿FACE

 

観衆:310人

 

 

☆第一試合
3WAYマッチ 20分一本勝負
藪下 めぐみ VS 奥田 朱理 VS 唯我
○奥田 朱理(8分45秒 逆さおさえ込み)唯我●

 

☆第二試合
シングルマッチ 20分一本勝負
[B・R・M]青野 敬子 VS 春山 香代子(JWP)
△青野 敬子(20分00秒 時間切れ引き分け)春山 香代子△

 

☆第三試合
シングルマッチ 30分一本勝負
(SEAdLINNNG)高橋 奈七永 VS ジェニー・ローズ[CRYSIS]
○高橋 奈七永(7分9秒 片エビ固め※冷蔵庫爆弾)ジェニー・ローズ●
ジェニーのセコンドには堀田。奈七永のセコンドにはSareeeがつく。
ゴング前から、奈七永は堀田を睨みつける。
場外に出ると堀田も加わり奈七永を痛めつける場面もあったが、
最後はキッチリ3カウントを取った奈七永。

 

試合後マイク
奈七永「堀田、ディアナには熱い戦いがある。私にそう言った。私は他団体一発目ここにしましたよ。あなたが言うから。
でもなんなんですかこのカード!場外で手を出してくる。それがあんたの言う熱い戦いなんですか?いい加減、キャリアにあぐらかいてるのやめてよ!!」
堀田「・・・じゃあ言わせてもらうよ。お前強いんだろ?最強なんだろ?お前がジェニーとやるのは勝負がついてんだよ。
だから私が手を出した。どうだ?これが私のやり方だ!」
奈七永「私とやれよ!」
堀田「やる!じゃなくて、組もう!」
堀田が手を差し出すも、奈七永が張り手でやり返す。
ここでSareeeがリングに上がりマイクを持つ。
Sareee「ちょっと待って。奈七永さん!自分もこいつの事ずっと前からムカついてたんですよ!
毎回毎回、人の邪魔ばっかりして、自分もきたない奴大嫌いなんですよ!だから自分と組んで、あいつの事倒しましょう!!」
Sareeeと奈七永ががっちり握手。

 

☆第四試合
タッグマッチ 45分一本勝負
下田 美馬、ライディーン鋼(JWP) VS ジャガー横田、堀田 祐美子[CRYSIS]
○ジャガー横田(14分25秒 ラ・マヒストラル)ライディーン鋼●

 

☆セミファイナル
W.W.W.D世界タッグ王者決定戦 60分一本勝負
Sareee、田中 盟子 VS DASH・チサコ、仙台 幸子(センダイガールズ)
○DASH・チサコ(16分28秒 体固め※ホルモンスプラッシュ)田中 盟子●
※十文字姉妹が第7代W.W.W.D世界タッグ王者組となる。

 

☆メインイベント
W.W.W.D世界シングル選手権試合 60分一本勝負
<王者>伊藤 薫 VS 井上 京子<挑戦者>
○井上 京子(24分4秒 回転エビ固め)伊藤 薫●
※第4代王者が3度目の防衛に失敗。井上京子が第5代王者となる。

 

 

熱いご声援、ありがとうございました!