5月18日(日)神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル

 

観衆:200人(超満員)

 

『Sareee3周年記念大会』

 

 

☆第一試合
タッグマッチ 20分一本勝負
J・J、ライラ・ロッジ VS 唯我、星 ハム子(アイスリボン)[暴走軍]
○ライラ・ロッジ(13分56秒 片エビ固め※オクラホマ・スタンピード)唯我●

 

☆第二試合
シングルマッチ 20分一本勝負
小林 香萌(WNC-REINA) VS マスク・ド・サン[暴走軍]
○小林 香萌(9分27秒 リングアウト勝ち)マスク・ド・サン●

 

☆第三試合
タッグマッチ 30分一本勝負
ジャガー横田、伊藤 薫 VS 渡辺 智子、ライディーン鋼(JWP)
○伊藤 薫(13分18秒 エビ固め※ライガーボム)ライディーン鋼●

 

☆セミファイナル
タッグマッチ 45分一本勝負
KAORU、下田 美馬 VS 堀田 祐美子、青野 敬子[暴走軍]
○下田 美馬(13分29秒 タイガースープレックスホールド)青野 敬子●

 

☆メインイベント
『Sareeeデビュー3周年記念試合』
シングルマッチ 60分一本勝負
井上 京子 VS Sareee
○井上 京子(12分53秒 体固め※ラリアット)Sareee●

 

試合序盤、場外へのプランチャで足を負傷したSareee。
リングドクターの応急処置の甲斐もあり、リングに復帰。
自分の3年間を京子にぶつけようと、エルボー1発1発にも気迫がこもる。
京子も真正面から受け止める。
途中、Sareeeのジャーマンスープレックスホールドで京子が右腕を脱臼。
しかし京子は試合再開。
ラリアット3連発で熱戦に終止符を打った。

試合後Sareeeが皆さんにファン、家族、先輩方に感謝の意を伝えたいと、手紙を読む。
厳しいだけではなく愛のある指導だという事に「最近になって気づいた」と読み上げ、場内が苦笑の渦に包まれたが、私がディアナを背負っていけるようになりたいと締めくくった。
京子も「間違いなくディアナの未来はSareeeにある。これからは先輩後輩ではなく、ライバルとして女子プロレスを盛り上げていこう」と返し、場内はSareeeコールに包まれた。

 

2014051819390001