マドレーヌ・【DIANAフューチャーサイト】への意気込み!

2020年12月19日(土)横浜ラジアントホール
DIANAフューチャーサイト

マドレーヌ対戦カード

マドレーヌ&アンドラス宮城(フリー)
vs
進垣リナ(2AW)&AKARI(PURE-J)

マドレーヌの意気込み

対戦カードについて思うこと

マドレーヌ

アンドラス宮城選手と初タッグ結成!まさに楽しみにしていたタッグチームで、ワクワクがとまりません。アンドラスさんとは、今年3月にニコニコプロレスチャンネル(ニコプロ)で行われた”プロレスラー大喜利”の初戦で同じ放送で、その際にもとてもやさしく接していただきました。

実はアンドラス選手とは、会場でお会いしたことも数回で、今まで一度も試合で同じカードになったことがありません。いつもこっそりと見つめていたアンドラス選手が隣に!アンドラス・マドレーヌというカタカナが並ぶだけで皆さんもワクワクしませんか?

対戦相手には2AWの進垣リナ選手、PURE-JのAKARI選手。AKARI選手とは一度タッグを組んで戦ったことがあります。一緒に地方大会の時にラーメンを食べながら、チリの話を聞いたのも楽しい思い出。体格は大きいですが、素早い関節技やトリッキーな動きもされる選手なので、対戦になったらば注意が必要ですね!

進垣選手とはアイスリボンの若手中心興行『P’s party』のレギュラー同士。今までシングルやタッグで数回対戦させていただいています。はっきり言います、大好きな選手です。リナ様ぁチュチュチュといつも愛を語っているのですが…一向に私の愛はまだ進垣選手につたわっていません。関節技、特に腕攻めが得意な進垣選手ですが、足関節も、素早い丸め込みもできるマルチプレーヤーで、しかも普段は身体の大きな男子選手ともシングルマッチを行うタフな選手。
しかも、普段は優しくて頼れる素敵な先輩。本当は隣にいてほしいそんな進垣選手だからこそ、今回私はどうしても進垣選手に勝って、私の愛が本物だと気付いてほしいという裏テーマもあるんですよね。

【DIANAフューチャーサイト】への思い

2人合わせて【ぽんこつ屁理屈並べ隊】

我々ディアナの強みといえば、まず思い浮かぶのはベテラン・レジェンド選手がいらっしゃり、大先輩たちからご指導をいただけたり、対戦をさせていただけることだと思います。全日本女子プロレス時代から、女子プロレスを観戦してくださっているファンの方が今もディアナには多数観戦に来てくださっています。

いわば、ディアナは硬派・正統派・伝統的な女子プロレス団体といえるでしょう。私は、数多くの選手や関係者、お客様に「なぜディアナに所属しているのか?」「マドレーヌはディアナらしくない選手なのになぜディアナにいるのか?」と尋ねられたことがあります。自分でも、ディアナらしくない選手だということは自覚しており、悩み、どうしたらよいかわからず毎日泣いていた時期もありました。

しかし、私がいることで、今までのディアナとは違うナニカを起こせるのではないか?とも思っています。机営業、書くこと、話すことが私は得意だったため、今までディアナでは関わりのなかった媒体への出演や、自身のラジオ、そして大会での前説など、私だからできることを発信することが少しでもディアナの未来につながるのではないか。思い上がりかもしれませんが、そんなことも思っています。そして、それが、私なりに、正統派や伝統的ではないかもしれないけれど、少しでもマドレーヌらしくディアナをアピールすることがお世話になっている大先輩たちへの恩返しにもなると思います。

今回の大会は、ディアナの若手メンバーだけの興行。大先輩たちはきっと心配だと思います。しかし、まずはやらなければ何も始まりません。私のモットーは【♯ヤりたいようにイけ】!私たちが魅せる世界もつくっていけたら、それはディアナ全体のより繁栄につながるはずなのです。

▼ディアナの大先輩・ジャガー横田選手への愛を語った回

≫ライターMADによる紹介記事はこちら

大会チケットはこちらから!
☆チケットオーダーの際、備考欄に選手名と応援コメントを頂けると選手のモチベーションUP!!