6/12 アミスタ大会Vol.10 試合レポート

2022年6月12日(日)13:00- アミスタ大会Vol.10を行いました。

アミスタ大会Vol.10 ダイジェスト

・佐藤綾子VS関口翔 シングルマッチ再戦
・美蘭、ジャガー横田とタッグを組んで、井上京子&Himikoと対戦
・デボラKとななみ、激戦の無制限3本勝負を行う
・ルミナス 高瀬みゆき&梅咲遥はマドレーヌ&網倉理奈組と対戦
<ななみ、梅咲遥が持つ「PURE –J POPベルト」に挑戦決定>

時間無制限3本勝負を戦った、ななみとデボラK

2回目のシングルマッチ戦となった佐藤綾子と関口翔

 

梅咲遥が持つ「PURE-J POPタイトル」に挑戦することが決まったななみ。

第1試合 シングルマッチ20分1本勝負 佐藤綾子 VS 関口翔

○佐藤綾子(11:35 佐藤2乗)関口翔●

2022年4月に同じ対戦が組まれていたが、佐藤の膝の怪我により繰り越しとなっていたカードが実現。両選手とも気合い十 分の対戦となった。

関口翔

佐藤綾子

関口翔

対戦前、関口のことを「本当に気持ち良いぐらい爽やか」と表現していたが、逆エビ固めでは佐藤の手を 噛む関口。関口のミサイルキックは本試合中に2回登場し素晴らしい切れ味をみせた。互いに技が途切れることがない本試 合では、佐藤のブレーンバスター、リングサイドからのキックで関口の動きを封じていく。

試合終了後念願のシングルマッチ で対戦できたことに感謝して2人は握手をする。

試合後に握手をする佐藤綾子と関口翔

第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負 ジャガー横田&美蘭 VS 井上京子 & Himiko

井上京子&●Himiko(12:05 オクラホマロール)ジャガー横田○&美蘭

Himiko と美蘭

美蘭をタッグパートナーに迎えたジャガー横田と、若手のHimikoと共に登場した井上京子。レジェンドが新人に背中を 見せる試合となった。序盤は、Himikoと美蘭が組み合う展開となり、井上の「攻めろ!攻めろ!」との檄が飛ぶ。井上が 美蘭に技をかけている時にはジャガー横田が「それは大人気ないよ!」とレジェンド同士の舌戦と技の仕掛け合いが見 れたのもこの試合の見どころであった。

ジャガー横田と井上京子

今試合でHimikoはジャガー横田にブルドッキング・ヘッドロックを仕掛ける。 後半のHimikoと美蘭の戦いの時はどちらの選手へとも取れる「よく見ていけ、攻めて攻めて!」と井上の声が飛んだ。

その場飛び込みムーンサルトをする美蘭

ブルドッキング・ヘッドロックを仕掛けるHimiko

第3試合 シングルマッチ 無制限 3本勝負 デボラK VS ななみ

ななみ(2-1)デボラK
一本目 ○ななみ(14:00 ノーザンライトスープレックス)デボラK●
二本目 ●ななみ(2:03 極楽固め)デボラK○
三本目 ○ななみ(6:03 肩車)デボラ

ななみとデボラKの時間無制限三本勝負

エルボー合戦をするデボラKとななみ

アミスタ大会vol.9のななみvsデボラK戦はタイムアウトドロー戦となり、2人とも悔しい結果となっていた。井上京子の提案で時間無制限勝負が提案され、実現したのが本対戦カード。いつもよりも、きつい表情でリングに上がる両選手達。 気迫が会場 中に伝わる。1本目は、ななみが先取し。悔しいか思いを勢いに変えたデボラKが2本目を、極楽固めをきつく決めて奪取する。 きついエルボー合戦、3本目のきっかけとなったななみの肩車で、2本獲得したななみの勝利となる。

極楽固めをするデボラK

その場飛び込みムーンサルトをするななみ

デボラK

全試合終了後、ななみ が梅咲遥が持つ「PURE-J POPタイトル」に挑戦することが決まった

第4試合 タッグマッチ 20分1本勝負 マドレーヌ&網倉理奈 VS 梅咲遥 &高瀬みゆき

高瀬みゆき&○梅咲遥(16:35 アメジストクロス)マドレーヌ&網倉理奈

久しぶりのアミスタ戦となったチーム・ルミナスは7月18日(月)ラジアントホール大会で2回目のタイトル防衛戦を行う。本メイン イベントでは、マドレーヌ&網倉理奈組と対戦した。ルミナスポーズ、網倉の「わープレス」が序盤から登場し、会場が盛り上がる。

網倉理奈&マドレーヌ

ルミナス 梅咲遥&高瀬みゆき

マドレーヌと高瀬の固め技では、常人ではあり得ない角度まで絡められても耐え抜くマドレーヌの体の柔らかさに会場から 感嘆の声が上がる。本試合でもフェイマサーは高い角度から決まっていく。

 

マドレーヌを締め上げる高瀬みゆき。マドレーヌの体の柔らかさが分かる1枚。

フェイマサーをするマドレーヌ

網倉理奈と高瀬みゆきのチョップ合戦

アメジストクロスをする梅咲遥

元同門の網倉と高瀬のチョップ対決はリズミカル にそして回数を重ねるごとに重くなっていく。梅咲のアメジストクロスが網倉に決まり、ルミナスが勝利する。

次回ディアナの大会

2022年6月25日(土)26日(土) 庄内・南陽2連戦
井上京子&佐藤綾子凱旋興行

詳細はこちら

2022年7月10日(日)ディアナ2大会開催

アミスタ大会vol.11  開場 12:30 開始 13:00
ディアナ若手選手の「フューチャーサイト」時間後日お知らせ

2022年7月18日(月)横浜ラジアンホール大会

チケットの購入はこちら

5/29アミスタ大会Vol.9試合レポート

2022年5月 29日(日)に「アミスタ大会Vol.9」を行いました。本試合は、アイスリボンVSディアナの個性的な選手がぶつかる大会となり。両団体の中学生レスラー咲蘭(アイスリボン)と美蘭(ディアナ)の試合は今後の成長を期待する試合となった。

5/29 アミスタ大会vol.9ダイジェスト

・アイスリボン中学生レスラー咲蘭とディアナ中学生レスラー美蘭の対戦
・ななみ、デボラKが白熱のドロー戦!次回は時間無制限対決
・佐藤綾子、2児の母キクとプリンセス石川奈青と緊張の3way対決
・マドレーヌ&松下楓歩 組みは、梅咲遥&Himiko組に勝利

フェイマサーをするマ ドレーヌ

キャメルクラッチをする デボラK

中学生レスラー対決、咲蘭vs美蘭

3WAYマッチの石川奈青、キク、佐藤綾子

第1試合 タッグマッチ20分1本勝負 マドレーヌ&松下楓歩 VS 梅咲遥&Himiko

梅咲遥&●Himiko(14:43 体固め)マドレーヌ&松下楓歩○ ※ミサイルキック

アイスリボンVSディアナの初戦は、華やかにスタート。初タッグとなる松下楓歩とマドレーヌ組は、前回のアミスタ大会 Vol.8で「もっと来いよ!」と言い合い熱い試合を見せた、梅咲遥とHimiko組と戦った。松下に対して、Himiko、梅咲遥が 続け様にドロップキックを加え、試合後半ではマドレーヌと松下が梅咲遥に同時にドロップキックを決めた 。マドレーヌ はフェイマサーを両脚ともに高く上がった状態で梅咲遥を相手に決める。最後はHimikoに松下がミサイルキックを決め て勝利する。

ドロップキックをするHimiko

梅咲遥

同時にドロップキックをする、松下楓歩とマドレーヌ

第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負 ななみVSデボラK

△ななみ(時間切れ引き分け)デボラK△

ディアナの未来を担う女子高生レスラーというコールで登場する「ななみ」は、前回のアミスタ大会Vol.8で井上京子を相 手にメインイベントを戦い力強い一面を見せ、勝利に向けて強い思いを胸に2022年にディアナ所属となったデボラKの 一歩も譲らない試合となった。試合終了3分前には、次の試合に出場する井上京子が「時間ないよ、起こしていけ!ほ ら、どっち勝つの!!」と2人に声援を送る。デボラKの極楽固めが決まり、ななみのバックドロップが決まるも、互いに立ち続け試合時間が終わり引き分けとなる。井上京子の提案で、次回のななみVSデボラK戦は、無制限でどちらかが倒れるまで行う試合が決定した。

デボラK

ななみ

第3試合 タッグマッチ20分1本勝負 井上京子&美蘭 VS Yappy&咲蘭

○井上京子&美蘭(15:55 体固め)yappy&咲蘭● ※ラリアット

美蘭デビュー戦から、ファンそして両団体共に楽しみにしていた中学生レスラー同士、美蘭VS咲蘭(アイスリボン)の対戦カー ドが互いに協力なタッグ相手、井上京子とYappyを迎えて実現した。yappyは美蘭に「軽い、軽い」と言いながらも容赦なく仕掛 けていく。咲蘭は井上京子を相手に当初たじろぐ様子を見せながらも、井上京子の「おいで!」の手の合図により挑みドロップ キックを決めていく。試合は観客そして、その場で戦っていた井上京子が見ても、面白い試合となった。中学生レスラー咲蘭と 美蘭の今後の成長の可能性を感じる試合となった。

美蘭と咲蘭

咲蘭に「こい!」と手招きする井上京子

井上京子と咲蘭

第4試合3WAYマッチ20分1本勝負 佐藤綾子VSキクVS石川奈青

○佐藤綾子(10:31 ジャパニーズレッグロールクラッチホールド)キク● ※もう1人は石川奈青

対戦中、佐藤綾子と両選手(キクと石川奈青)の共通項が発見する試合となった。キク選手は2児の戦う母として、当初は佐 藤と共闘し石川奈青を攻撃する。そして、佐藤の本姓が「石川」であることを告げると、石川奈青と目配せで共闘してキクを襲 う。シャッターチャンス作りも忘れることのない3WAY戦。キクに対して、ドロップキックを連続で決めながら佐藤が「立て!立 て!」と連呼する様子は鬼々迫るものがあった。最後は、佐藤が鋭いジャパニーズレッグロールクラッチホールドを決めて勝 利する。試合終了後に佐藤が、アイスリボン、ディアナ共に多様な選手層がいて選手と自分を重ね合わせてプロレスを楽しむ ことができるのも魅力の1つと話した。

佐藤綾子とキク

佐藤綾子と石川奈青

佐藤綾子とキク

5/15 アミスタ大会vol.8試合レポート

アミスタに改名後初のディアナ所属選手だけのアミスタ大会vol.8を2022年5月15日(日)に行いました。

5/15 アミスタ大会vol.8ダイジェスト

・新・シングルチャンピオン佐藤綾子は12歳中学生レスラー美蘭を相手にスープレックスを決める
・井上京子、高校生レスラーななみに、さらなる飛躍を期待したメインイベント試合を展開
・ジャガー横田とマドレーヌのクライシスチームを相手にデボラK緊張しながらも戦い抜く
・梅咲遥とHimikoは互いに譲らない試合展開、Himikoのブルドッキングヘッドロックと梅咲のミサイルキックで歓声

試合終了後、美蘭を労う佐藤綾子

井上京子はななみに対して、何をさ れても立ち続けるを姿を見せつける

3WAYマッチを征するジャガー横田

弓矢固めをHimikoにする 梅咲遥

第1試合 梅咲遥 VS Himiko  シングルマッチ20分1本勝負

○梅咲遥(9分33秒 体固め)Himiko● ※ミサイルキック

板橋大会でもブルドッキングヘッドロックをカッコよく決めたHmikoが今回のアミスタ大会Vol.8でも梅咲遥を相手に決め ていく。互いに譲らない試合展開が続く中、2人のエルボー対決では、何度も打ち付けるHimikoに対して梅咲がもっと 来いよと!と強気に返す。梅咲のミサイルキックを決定打となる。

5月17日には梅咲遥が所属するアイドルユニット「シ ロツメクサ」のお披露目ライブが二子玉川で行われる。

第2試合 佐藤綾子 VS 美蘭  シングルマッチ20分1本勝負

○佐藤綾子(8分22秒 変形フィッシャーマンズSH)美蘭●

シングル王者となってから初のアミスタ戦となる佐藤綾子は、12歳中学生レスラー美蘭と対戦。試合開始のゴングがな る前から佐藤のドロップキックからスタート「佐藤さん、それはちょっと大人気ない!」とセコンドのマドレーヌから飛ぶな ど、たとえ12歳の選手が相手とはいえ、真剣に勝負するヒールチームクライシス所属の王者らしい姿を見せる。

美蘭の 連続その場飛び込みドロップキック&ムーンサルトを佐藤に決める。最後は佐藤がしつかりと変形フィッシャーマンズSH でデビューして間もない美蘭を祝福する。

第3試合 ジャガー横田 VS マドレーヌ VS デボラK  3WAYマッチ 20分1本勝負

○ジャガー横田(8分48秒 首固め)デボラK● ※もう一人はマドレーヌ

試合開始すぐにジャガー横田を場外に出し、リング上ではマドレーヌとデボラKがいつもよりさらにきついチョップ&キックが続 く。デボラKの極楽固めはジャガー横田により中断され、ジャガー横田の卍固めはマドレーヌにより中断される。

マドレーヌの バチバコバランサーは2回ジャガー横田に阻まれ、マドレーヌの「マドレーヌ!」は成功するもこの技を利用してジャガー横田 があびせ蹴りを何度もマドレーヌにお見舞いした時は痛みが会場にも伝わった。

第4試合 井上京子 VS ななみ  シングルマッチ20分1本勝負

井上京子(13分26秒 エビ固め)ななみ○ ※パワーボム

井上京子がななみに、全力で戦う姿を見せる試合だった、ななみにチョップをされても揺るがず、1回目のななみのダイヤル ロックは井上京子にかけられず、ななみが試合中何度も井上京子に挑む姿には胸が打たれた。ななみのダイヤルロック2回 目は井上京子にかかる、井上京子のキャメルクラッチ、最後のパワーボムは強かに決まった。

ななみが受験勉強のために休業していた間にHimiko&美蘭はデビュー、梅崎遥は2冠の王者となり、マドレーヌはシングルタ イトル戦を戦うなど団体全体が日々成長している、これからさらにレスラーとして開花するななみに期待すると、だからまだま だ私は3カウントとらせないよ!とエールを送った。

5/3 板橋大会試合レポート

2022年5月3日(火・祝日)に「板橋大会」を行いました。本試合は、2022年4月29日の後楽園大会で新シングルチャンピオンとなった佐藤綾子が、マドレーヌの挑戦を受ける 選手権試合がメインイベントで行いました。板橋は2022年4月29日後楽園大会でデビューした12歳中学生レスラー美蘭の出身地でもあり、凱旋試合として梅咲遥と対戦いたしました。

次回ディアナの大会は、ディアナアミスタ大会Vol.8〜猫の子の ほどく手つきや 笹粽〜
チケットはディアナストアで販売中です。

板橋大会ダイジェストは

・シングル新チャンピオン「闘う三児の母」佐藤綾子がマドレーヌの挑戦を受け防衛成功
・12歳中学生レスラー「美蘭」出身地の板橋で凱旋試合を梅咲遥を相手に堂々と戦い抜く
・ななみ&HimikoはW.W.W.Dタイトル所有経験者の野崎渚&笹村あやめ組と対戦
・ジャガー横田は、合言葉は「ハクナマタタ」の網倉理奈&関口翔と対戦し勝利
・井上京子&デボラKVS中森華子&高瀬みゆきと対戦、井上の雪崩式ブレーンバスター炸裂

その場飛び込みムーサルトプレスをする美蘭

Himikoが笹村あやめにブルドッキングヘッドロック

ロープ際で倒れるジャガーを網倉理奈と関口翔が踏みつける

井上京子の雪崩式ブレーンバスター

初防衛を成功させ第16代W.W.W.Dシングル王者佐藤綾子

第1試合 美蘭凱旋試合 シングルマッチ20分1本勝負 梅咲遥 VS 美蘭

○梅咲遥(8:40 逆エビ固め)美蘭●

板橋出身の美蘭の凱旋試合そして初の公式戦は梅咲遥と対戦。試合開始からリストの取り合いが続き、試合は梅咲 のヘッドロックから首投げ、美蘭の首四の字固めと続く。

美蘭と梅咲遥

梅咲の弓矢固め後に美蘭をリングロープにかけ、梅咲が「凱 旋試合おめでとうございます!」と高らかに祝福の言葉を美蘭そして会場中に贈る。

美蘭に弓矢固めをする梅咲遥

美蘭の凱旋試合おめでとう!と会場に向かって贈る、梅咲遥

美蘭は試合中、連続でドロップ キックからその場飛び込みムーンサルトプレスを決める。梅咲はボディースラムを美蘭に決め、エルボー対決の末、逆 エビ固めで勝利する。

ドロップキックをする美蘭

第2試合 タッグマッチ20分1本勝負 ななみ&Himiko VS 野崎渚&笹村あやめ

ななみ&●Himiko(16:45 体固め)野崎渚○&笹村あやめ※ビッグブーツ

W.W.W.Dのベルトを巻いた経験のある、野崎と笹村と対戦する、ななみとHimiko。ななみは、試合中に野崎から受けた胸元の張り手及びチョップ、笹村からのエルボーにより試合中から胸が赤くなっていく。

過去にディアナのタイトルベルト保有経験のある野崎渚と笹村あやめ

試合後にななみの胸元は攻撃により赤くなる

野崎のおしゃれキックは計2回なな みに決まり、2回目は笹村も参戦した。後半ではHimikoの4回続けてのドロップキックにボディースラムで野崎と笹村に食 らいついていき、ななみとの連携を強める。最後は、野崎のビッグブーツからの体固めで野崎の勝利。

ななみにおしゃれキックをする野崎渚と笹村あやめ

 

ムーンサルトをするななみ

第3試合 3WAYマッチ20分1本勝負 ジャガー横田 VS 網倉理奈 VS 関口翔

○ジャガー横田(6:58 十字回転エビ固め)網倉理奈● ※もう一人は関口翔

ジャガー横田に対して、強気に待ち構える網倉と関口は試合中も連携プレーを見せる。ジャガー横田は、あいびせ蹴り、卍固 めを決めていく。

ジャガー横田に対峙する関口翔と網倉理奈

ジャガー横田に連携攻撃をする関口翔と網倉理奈

網倉がボディースラムからのわープレス、ジャガー横田をコナーポストにかけ、関口はその場飛び込みドロッ プキック、網倉は体全体をジャガー横田にぶつけ、ジャガー横田に「ハクナマタタ」と叫びながら網倉の雷電ドロップに関口が 乗っかる形で技をかけるが、最後はジャガー横田が十字回転エビ固めで勝利する。

第4試合 タッグマッチ20分1本勝負 井上京子&デボラK VS 中森華子 & 高瀬みゆき

井上京子&●デボラK(14:40 片エビ固め)中森華子&高瀬みゆき○ ※ダイビングギロチンドロップ

高瀬とデボラKの掴み合いでスタート。井上とデボラKでWエルボーを高瀬に決める。

高瀬みゆきとデボラK

井上は高瀬にバックドロップ後に体固め 高瀬にロメロスペシャルを繰り出す。

ロメロスペシャルをする井上京子

試合途中では井上をセンターに置いて写真撮影を。

左・高瀬みゆき、中央・井上京子、右・中森華子、後ろ・デボラK

高瀬の数々のチョップやエルボーを 受けても、中森からキックを受けても倒れない井上京子の姿に会場からは驚きの声が漏れる。

中森に首投げをしかけるデボラK

何度もエルボーやキックを受けても倒れない井上京子

終盤井上が雪崩式ブレーンバ スターを高瀬にしかけ、すぐにデボラKがバックフリップで勝利を手繰り寄せいようとする。最後は、高瀬のダイビングギロチン ドロップが決まる。

第5試合 W.W.W.Dシングル選手権 30分1本勝負 佐藤綾子VS マドレーヌ

○[王者]佐藤綾子(12:50 ドラゴンスープレックスホールド)マドレーヌ[挑戦者]●
※第16代王者が初防衛に成功

2022年4月29日後楽園大会で、新シングルチャンピオンになった佐藤綾子が同大会で挑戦権を勝ち取ったマドレーヌとのシン グル権試合となった。互いにキレのあるファイティングスタイルで試合スタート、ポジョションの取り合いから、佐藤の首なげ、リストの取り合いをする。

王者・佐藤綾子と挑戦者・マドレーヌ

マドレーヌと佐藤綾子

ポジションの取り合いをするマドレーヌと佐藤綾子

マドレーヌのボディースラムからの、前後開脚技、コーナーへのロンダートバックアタックをしたマッド レーヌ!では、佐藤綾子の凶器・お盆を背中で受けその後お盆の取り合いとなりマドレーヌが佐藤をお盆で殴る。会場から驚きの声が漏れる。

ボディースラムをするマドレーヌ

そしてキック攻撃が互いに続く。佐藤が負傷している脚に対して足十字固めをするマドレーヌは本日一番大 きな声をあげ勝利を手繰り寄せようとする。

佐藤綾子に足十字固めをするマドレーヌ

佐藤は痛めている脚を少し引きづりながらも、マドレーヌの腕を固めダメージを加 えていき、素早くドラゴンスープレックスホールドを強かに決める。

痛めた膝を抱えているとは思えない戦いを見せる佐藤綾子

ドラゴンスープレックスホールドをする佐藤綾子

4/29後楽園大会試合レポート

4/29(金・祝日)後楽園大会ダイジェスト

・第16代 W.W.W.Dシングル新チャンピオンは「闘う三児の母」佐藤綾子
・W.W.W.Dシングル選手権対戦者決定戦 [勝者]マドレーヌ!新チャンピオン佐藤綾子に 5/3板橋大会で挑戦
・W.W.W.Dタッグ[王者]梅咲遥&高瀬みゆき「ルミナス」はウナギ・サヤカ&白川未奈「ピンクカブキ」と リングアウトドローで防衛成功
・ジャガー横田、W.W.W.Dエリザベス選手権を制し、エリザベスベルトを奪還
ディアナの全てのタイトル(シングル、タッグ、エリザベス)を今大会で奪還することができました。

悲願のシングル王者となった佐藤綾子。
第16代W.W.W.Dシングルチャンピオンへ

 

ルミナス(梅咲遥&高瀬みゆき)はスターダム ピンクカブキ(ウナギ・サヤカ&白川未奈)と対戦しリングアウトドローでタイトル防衛

ジャガー横田、旧姓広田エリザベスさくらから、ディアナエリザベスベルトを奪還

・12歳中学生レスラー美蘭 堂々デビュー公式デビュー戦は井上京子
・ドリームレジェンドマッチは、井上京子&西村修VSアジャコング&田中将斗が対戦
・ 「何度でも立ち上がれ!大谷晋二郎応援募金」、ディアナ本後楽園大会でも開始

4/29後楽園大会でデビュー戦を迎えた美蘭

マドレーヌ選手とのロープ際の攻防をする、Himiko,ななみ、デボラK、関口翔、網倉理奈

田中将斗と重いチョップの応酬をする井上京子

次回ディアナの大会は5月3日板橋大会

各試合結果はこちら

第0試合 美蘭デビュー戦 10分1本勝負 井上京子VS美蘭

○井上京子(4分55秒 片エビ固め)美蘭● ※ラリアット

キャッチコピー「受け継がれるディアナのDNA」のリングコールで登場した12歳の中学生レスラー美蘭(ミラン)が堂々と デビューした。

デビュー戦の美蘭は井上京子と戦う。

対戦相手は井上京子、体格差を物ともせず高打点のドロップキックや、その場飛びムーンサルトプレス を繰り出し、井上京子を相手に果敢に体当たりで挑み続ける。

その場飛び込みムーンサルトをする美蘭

井上京子は「これ、やっていいのかなー」と言いながら ラリアットを決める。12歳の選手の相手でも井上京子らしく正面から受けていく。

美蘭にラリアットをする井上京子。

試合終了後、井上京子から観客に向 けて「これからも美蘭が長くプロレスをできるよう、ご声援お願いします」と語り、会場中が大きな拍手に包まれた。

試合終了後、デビュー戦を終えた美蘭に優しい笑顔を見せる井上京子

試合後にリング上で話す井上京子隣は、4/29後楽園大会でデビューした美蘭

第1試合シングル選手権次期挑戦者決定バトルロイヤル 30分1本勝負

○マドレーヌ(10分40秒 逆打ち)関口翔● 退場順:Himiko、デボラK、ななみ、網倉理奈、関口翔

W.W.W.Dシングルチャンピオンへの挑戦権を賭けた試合。通常のプロレスルールの他にオーバーザトップロープでも退 場となるこの戦いで、1名づつリングから退場していく。

試合開始早々の選手たち。ななみ、関口翔、Himiko、デボラK、網倉理奈

Himikoは≈やボディプレスで攻撃するが、網倉がロー リングセントーンで仕留め退場、デボラKは関口の片エビ固め+他の選手の連携で退場、ななみは関口の腕固めで退 場、網倉は関口とマドレーヌにより場外に出たことで退場、

 

体固めをする網倉理奈とマドレーヌ

スクールボーイからのフォールをするデボラK

マドレーヌとデボラK

ドロップをするHimiko

ボディープレスをするななみ

本日新コスチュームで登場したマドレーヌが関口に逆打ちで 勝利する。

試合後に握手をする勝者マドレーヌと関口翔

第2試合 ストロングスタイルプロレス提供試合 20分1本勝負

スーパー・タイガー&タイガー・クイーンVS間下隼人&世羅りさ

スーパー・タイガー&○タイガー・クイーン(10分14秒 タイガーSH)間下隼人&世羅りさ●

男女混合戦とはいえ、体格差を一切感じさせない戦いぶりを見せた4人。世羅りさの釣鐘かためを、素晴らしい身体能力で技 から逃れるタイガー・クイーン。最後はタイガー・クイーンの、タイガーSHで勝利した。

間下隼人とスーパー・タイガー

釣鐘固めをする世羅りさ

タイガー・クイーンの、タイガーSHで勝利

第3試合レジェンドドリームマッチ 20分1本勝負

井上京子&西村修 VSアジャコング&田中将斗

 

井上京子&西村修(11分5秒 体固め)アジャコング○&田中将斗 ※裏拳

ディアナだからこそできたレジェンドドリームマッチは、先日怪我で入院中の大谷晋二郎選手に変わり盟友の田中将斗選手が 参戦して行われた。

アジャコング

リング上はどこから見てもレジェンドだらけ。西村修の卍固め、アジャコングのコーナリングからのダイビン グエルボードロップ

ダイビン グエルボードロップをするアジャコング。相手は井上京子

田中将斗に卍固めをする西村修 

田中将斗と井上京子の重いチョップの嵐では、「先輩なんかカンケーねぇーよ」とリング上で放つ田中に 対し、試合後井上京子が田中に対して抗議をするシーンが観客の笑いを誘った。

チョップの応酬をする井上京子と田中将斗

試合後に重いチョップの応酬に対して後輩の田中将斗に可愛らしく抗議する井上京子

第4試合 W.W.W.Dタッグ選手権 30分1本勝負

高瀬みゆき&梅咲遥VSウナギ・サヤカ&白川未奈

 

[王者組]高瀬みゆき&梅咲遥(20分25秒 両者リングアウト引き分け)ウナギ・サヤカ&白川未奈[挑戦者組] ※規定により第17代王者防衛

ルミナスが持つW.W,W.Dタッグベルトに、スターダム初の外部タイトル戦に挑戦する事となったピンクカブキ(ウナギ・サヤカ& 白川未奈)。

ルミナスの梅咲遥と高瀬みゆき

ピンクカブキのウナギ・サヤカと白川未奈

互いに譲らない試合展開、梅咲遥のミサイルキックが両選手に決まり、高瀬みゆきとウナギ・サヤカの舌戦から のリング上・外乱闘と続く、試合はリングアウトドロー戦となり、規定により第17代王者のルミナスが防衛成功となる。

ダイビングエルボーを決める高瀬みゆき

全選手が場外乱闘に参戦

 

場外乱闘となる。高瀬みゆきと、ウナギ・サヤカ

リングアウトドローで防衛となったルミナス

第5試合 W.W.W.Dエリザベス選手権 30分1本勝負

旧姓・広田エリザベスさくらVSジャガー横田VSドレイク森松

 

[王者]●旧姓・広田エリザベスさくら(9分40秒 体固め)ジャガー横田○
※パイルドライバー※もう一人はドレイク森松※第9代王者初防衛に失敗。ジャガー横田が第10代王者となる

2021年の新木場大会でも対戦し、観客を沸かせたこの対戦カードが本、後楽園大会で実現し観客の期待を誘う。入場の時点 で、旧姓・広田エリザベスさくらはトップスピードで彼女らしいパフォーマンスを繰り出す。

中央_旧姓広田エリザベスさくら、後ろ_ドレイク森松、とジャガー横田

ジャガー横田に見せ場を奪われたと 抗議する広田が「わたしがザベスなのが気に入らないのか!」と言いながらジャガー横田のパイプ椅子を奪うなど、目まぐるし く変わる試合模様。広田による場外乱闘では、ジャガー横田があびせ蹴りを決める。最後は、広田にパイルドライバーからの 体固めで勝利する。

広田による場外乱闘

あびせ蹴りをする、ジャガー横田

第6試合 W.W.W.Dシングル選手権 30分1本勝負

野崎渚VS佐藤綾子

 

[王者]●野崎渚(18分10秒 ジャガー式クロスアームSH)佐藤綾子○[挑戦者]
※第15代王者2回目の防衛に失敗。佐藤綾子が第16代王者となる

挑戦者 佐藤綾子と第15代W.W.W.D王者 野崎渚

2022年1月の第15代W.W.W.Dシングルチャンピオン決定戦でも対戦した両者。佐藤は2週間前に痛めた膝の療養をした上で本 大会に出場した。今回も睨み合いから試合がスタート。

試合中の野崎渚

試合中の佐藤綾子

固技、投げ技、蹴り技、両選手の素晴らしい技が決まり、互いにダメー ジが積み重なっていく。試合途中、佐藤が第13代シングルチャンピオンを第12代王者・SARRAYから奪取した試合同様に「凶 器は使はない!」と、自身の凶器であるお盆を投げ捨てるシーンに本試合に挑む佐藤の強い気持ちが伝わる。試合最終盤 は、佐藤のスープレックスが連続して決まり会場はどよめき、野崎渚に佐藤がジャガー式クロスアームSHで悲願の勝利納め た。この試合により、ディアナが持つ全てのベルトがワールド女子プロレス・ディアナに戻ってくることになった。

野崎渚にキックをする佐藤綾子

ジャガー式クロスアームSHを決める佐藤綾子

4/17 アミスタ大会Vol.7 試合レポート

試合ダイジェスト

・美蘭デビュー前にエキシビジョンマッチ、対戦相手は関口翔。
・ライディーン鋼、ジャガー横田、Himiko 3WAYマッチ
・井上京子、デボラKとタッグで、Leon&マドレーヌ組と試合時間ギリギリの戦い
・ルミナスは、360度トロピカルな水森由菜とななみと対戦。

エキシビジョンマッチで 関口翔に物怖じせずに 戦う美蘭(ミラン)

 

ジャガー横田とHimikoに 首と脚を同じに固められる ライディーン鋼

ロメロ・スペシャルをLeon井上京子

ななみにアンクルホールドをする梅咲遥

第1試合 エキシビジョンマッチ10分1本勝負 関口翔 VS 美蘭

○関口翔(6:15 片エビ固め)美蘭● ※STO

4/29(金・祝)でデビュー戦を迎える美蘭(ミラン)のキャッチコピーは「受け継がれるディアナのDNA」。急遽決まった今 回のエキシビジョンマッチでは「本当にこれが12歳なのか!」と思ほどの動きを見せる。

関口翔と美蘭

関口を相手に物怖じせず果敢 に攻めていくガッツ、高打点のドロップキックを3連続、バックリープを関口相手に決める。

バックリープをする美蘭

ドロップキックをする美蘭

美蘭の試合を見守る井上京子

試合中は井上京子含めディ アナ選手の声援が飛んだ。

美蘭の後楽園大会デビュー戦の対戦相手は井上京子である。

体固めをする関口翔

第2試合 3WAYマッチ20分1本勝負 ジャガー横田VSライディーン鋼VSHimiko

○ジャガー横田 (5:46 レッグロールクラッチ)●Himiko ※もう一人はライディーン鋼

試合開始からHimikoはライディーン鋼に真っ向から当たっていくが、ライディーン鋼の力強いエルボーの洗礼を受ける。

ライディーン鋼とジャガー横田

Himikoはライディーン鋼の体を持ち上げようとするが逆に持ち上げられてしまう。しかしジャガー横田と連携合いタックルプレイ を見せる。

ジャガー横田とライディーン鋼とHimiko

あびせ蹴りを受けた後のライディーン鋼

最後はライデーン鋼にジャガー横田があびせ蹴りを決め、その打撃が効いている間に、ジャガー横田がHimikoに レッグロールスクラッチをかけて勝利する。

勝利するジャガー横田

第3試合 タッグマッチ20分1本勝負 マドレーヌ&Leon VS 井上京子&デボラK

井上京子&●デボラK(17:15 片エビ固め)Leon○&マドレーヌ ※マッドスプラッシュ

「今日はデボちゃん勝ちに行くよ!」と声援を送る井上京子の言葉に背中をいつもより押されるようにデボラKが体当たりする 試合だった。

Leon 選手(PURE-J)

マドレーヌとデボラK

体固めをする井上京子

終盤、井上京 子をマドレーヌがリング側で押さえつつ、Leonがマッドスプラッシュからの方エビ固めをする。

マッドスプラッシュをするLeon

マドレーヌはデボラKとキック、チョップの応酬をする。Leonにロメロ・スペシャルを決める井上京子。

第4試合タッグマッチ20分1本勝負 高瀬みゆき&梅咲遥VSななみ&水森由菜

高瀬みゆき&○梅咲遥(17:30 片エビ固め)ななみ●&水森由菜 ※梅スプラッシュ

アミスタ戦初出場の水森由菜は全身からトロピカルを演出し、トロピカルの洗礼に慣れないななみ。
水森は「パパイヤ、マン ゴー、ココナッツ」といいながら突進をしてくる。

トロピカルなリング衣装で登場の水森由菜

梅咲遥と水森由菜

首投げをするななみ

水森由菜

高瀬みゆきはダイビングエルボーを水森に決める。梅咲のミサイルキック、梅 スプラッシュが決まった。

高瀬みゆきのダイビングエルボー

次回のディアナの試合は4月29日(金/祝日)後楽園大会。
チケット発売中です。

後楽園大会詳細

【大会詳細】
日付:2022年4月29日(金・祝日)
時間:開場10:30、開始11:30
第0試合 美蘭デビュー戦を大会開始前の11:00より行います。

場所:後楽園ホール
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目3-61

▼出場予定選手
井上京子、ジャガー横田、佐藤綾子、梅咲遥、マドレーヌ、デボラK、ななみ、Himiko、美蘭、アジャコング、西村修、田中将斗、野崎渚、関口翔、網倉理奈、世羅りさ、スーパータイガー、タイガークィーン、間下隼人 、ウナギ・サヤカ、白川未奈、旧姓・広田エリザベスさくら、ドレイク森松
選手の変更が出た場合はホームページとSNSでお知らせいたします。

▼対戦カード
11:00- 大会開始前
第0試合 Diana新人・美蘭デビュー戦特別シングルマッチ
美蘭 VS 井上京子

11:30- 大会開始
第1試合 次期シングル選手権挑戦者決定バトルロイヤル
マドレーヌ VS ななみ VS デボラK VS Himiko VS 網倉理奈 VS 関口翔

第2試合 ストロングスタイル提供試合
スーパータイガー&タイガー・クイーンVS間下隼人&世羅りさ

第3試合 レジェンドドリームタッグマッチ
井上京子&西村修 VSアジャコング&大谷晋二郎

第4試合 W.W.W.Dタッグ選手権試合
第17代 W.W.W.Dタッグチャンピオン ルミナス・梅咲遥&高瀬みゆき
VS 挑戦者 ウナギ・サヤカ、白川未奈

第5試合 セミファイナル  W.W.W.Dエリザベス選手権試合
旧姓・広田エリザベスさくら VS ジャガー横田 VS ドレイク森松

第6試合 W.W.W.Dシングル選手権試合
第15代 W.W.W.Dシングルチャンピオン 野崎渚 VS 挑戦者 佐藤綾子

チケットご購入

【ご購入方法】
ディアナ公式通販サイト
ディアナストア
4月20日までにご購入分はご指定の住所に郵送いたします。4月21日以降にご購入のチケットは当日受付でお受け渡しいたします。

イープラス
イープラスのご購入フローに従いチケットの受け取りをお願いいたします。

後楽園ホール事務局

【チケット種類】
スペシャルリングサイド席(特典付き) 15,000円 (SOLD OUT)
リングサイド席(特典付き)      10,000円
リングサイド席(特典なし)       8,000円
指定席A   7,000円(SOLD OUT)
指定席B   5,000円
指定席C   4,000円
指定席D   3,000円
女性専用席 2,000円(SOLD OUT)

チケット8種類ございます。
ご確認いただき、ご希望のチケットをご購入ください。
お座席の指定はできません。
追加出場選手は確定次第ホームページとSNSでお知らせいたします。
※4月20日までにディアナストアでご購入されたチケットは指定の住所に発送いたします。
※イープラスでご購入されたチケットはイープラスのご購入フローに従いご購入ください。
※当日会場受付でお席をご案内させていただきます。
※開催にあたり、お客様に安心して楽しんでいただけるよう国や関係機関が定めるガイドラインを踏まえ以下の事を徹底していきます。
・3つの密(密閉、密集、密接)の回避
・客席を通常の半分に減席します。
・試合の合間に換気及び除菌を行います。
・選手並びに関係者は試合中の者以外マスク必着
・当日は、お客様情報及び状況の確認、入り口での消毒、マスク着用チェック(必ずご持参ください)、検温(37.5°以上の場合ご入場をお断りいたします)にご協力を頂きます。
・横断幕の掲載、紙テープの投げ入れ、はできません。大きな声での声援を送ることもご遠慮頂きます。
・グッズ販売は試合終了後のみ混雑緩和策にご協力頂いた上で行います。(握手、撮影はございません)
◎大変恐縮ではございますが、上記の内容にご理解ご協力を頂ける事を前提にチケットをお求めください。

3/6 アミスタ大会 Vol. 5 井上京子、復帰後初のホーム戦。2冠のルミナス凱旋試合勝利。クライシス同門対決は凶器が大炸裂。

2022年3月20日(日)に 「アミスタ大会Vol.5」を行いました。第1試合は井上京子、怪我からの復帰後初のホーム戦。Himiko・新人と対戦しました。井上京子の 入場曲が流れると会場いっぱいの大きな拍手が続きました。

復帰ホーム戦を勝利する井上京子

第2試合は、第17代W.W.W.Eタッグベルトに、WAVE認定タッグベルトを獲得し2冠となったルミナス(梅咲遥&高瀬みゆき)が、第14代W.W.W.Dタッグベルトチャンピオンだった笹村あやめ(2AW)をパートナーに 迎えたデボラKの同郷タッグと対戦。

ルミナス、2冠獲得凱旋試合

第3試合は、クライシス同門タッグマッチ(ジャガー横田&佐藤綾子VSマドレーヌ&薮下めぐみ)が 実現。それぞれの凶器が猛威を振るう試合となりました。

互いの凶器を惜しげなく繰り出すクライシス同門対決。写真は藪下めぐみ、ジャガー横田、佐藤綾子

本年1月にデビューをしたHimikoが非公開としていた年齢を試合後に公表し。 長年の夢を叶えて「49歳で念願の女子プロレスラーに、現在満50歳。」 ディアナは、やりたい思いがあれば年齢なんて関係ないを多 くの女性たちにお伝えしたいメッセージとし、女性の夢を叶える場所となり得るべく今後も努めてまいります。

第1試合 シングルマッチ 20分一本勝負 井上京子vsHimiko

○井上京子(6:10 体固め)Himiko●※ラリアット

怪我による長期休業から復帰した井上京子、初のホーム戦、井上京子の入場曲が流れたん瞬間、会場は井上京子の 帰りを待ち侘びた観客からの大きな拍手が止まらなかった。

復帰後初のホーム戦を戦う井上京子に向けて、試合中も拍手は続く

最後は、井上京子のラリアットからの、体固めで復帰ホーム戦を勝利した。

試合後に、年齢を非公表としていたHimikoに 対して、年齢なんて関係ない!ディアナは年齢制限がないから実現できたこと」と促す。同世代の方々の希望となれる ようにと、Himikoは年齢を公表「49歳でデビュー、現在満50歳」と発表いたしました。ディアナは女性の夢を実現する団 体。女子プロレスラーになりたい思いがある方への扉は常に開いております。

第2試合 タッグマッチ 20分一本勝負 梅咲遥&高瀬みゆき vs デボラK&笹村あやめ(2AW)

○梅咲遥&高瀬みゆき(18分35秒 片エビ固め)デボラK●&笹村あやめ ※梅スプラッシュ

3月13日の大阪大会で約5時間、第15代W.W.W.Dタッグベルトを失い、しかしベルトを再度奪還し第17代王者に返り咲き、さら にWAVE認定タッグベルトまで獲得し2冠となったルミナスのホーム凱旋試合。

高瀬みゆきと笹村あやめ

対戦相手は第14代W.W.W.Dタッグベルトチャン ピオンであった笹村あやめ(2AW)。笹村のタッグパートナーであるデボラKは「対戦カードが決まった時に自分以外の3人は W.W.W.Dのベルトを手にしたことがある人達。気持ちで負けないように試合に臨む!」と決めてこの日を迎えたと試合後に語っ ている。

笹村あやめとデボラK

試合時間ギリギリの白熱した試合、笹村のブレーンバスター、デボラKの極楽固めも決まるが、

デボラKに弓固めを決める梅咲遥

笹村あやめの体固めを切り返す、高瀬みゆき

卍固めをするデボラK

最後は、高瀬みゆき が、デボラKにカミカゼローリングからのギロチンドロップ、そして梅咲遥の梅スプラッシュで勝利する。

ギロチンドロップをする高瀬みゆき

梅スプラッシュを決める、梅咲遥

メインイベント タッグマッチ 20分一本勝負 クライシス同門対決 ジャガー横田&佐藤綾子VSマドレーヌ&薮下めぐみ

○ジャガー横田&佐藤綾子(13分42秒 体固め)マドレーヌ●&藪下めぐみ ※Jカッター

クライシス同門対決のタッグマッチ戦。全員が凶器を持ち、いつ繰り出すかを今か今かと観客も期待する展開。マドレーヌはクライシス決戦のため目元強めの新しいメイクで睨みを効かせる。本試合がマドレーヌ、デビューから通算して199戦目となる。

ジャガー横田とマドレーヌ

コーナーサンセットをするマドレーヌ

互いの武器の出し合いをする、クライシス同門者達。ジャガー横田と薮下めぐみ

お盆をキックをする佐藤綾子

佐藤のジャーマンスープレックスが試合中何度も決まり、ジャガー横田は卍固めをマドレーヌと薮下に決め、ジャガー横田に マドレーヌがスープレックスを決めた。

スープレックスをするマドレーヌ

黒帯の新しい使い方提案とも言わんばかりの、藪下めぐみの黒帯バリエーション。写真はマドレーヌ、佐藤綾子、藪下めぐみ

特に、薮下めぐみの凶器・黒帯の可能性を感じさせるシーンが目立った。黒帯が鞭のよ うに叩き込まれレフリーにも当たり、一時的にカウントがとれなかった。さらにマドレーヌとの連携で佐藤綾子の足元を黒帯で 狙ったりと、ヒール4人の狂気をはらみながらもスピーディーな試合に目が離せなかった。

3/13(日)大阪176BOX大会試合レポート  チーム・ルミナス 昼:ベルト防衛失敗→夜:再度奪還そして2 冠の王者へ

3月13日(日)に大阪176BOX大会ダイジェスト

井上京子 怪我からの復帰戦。新人・Himokoをパートナーに迎え野崎渚&デボラK組と戦う。

井上京子 復帰戦。相手は野崎渚(WAVE)

新人・Himikoに声をかける、復帰戦を迎えた井上京子

メインイベントは前代未聞の1日に昼夜2回のタイトルマッチ戦「昼の部」

チーム・ハラスメント(桜花由美&旧姓・広田さくら 共にWAVE ) VS チーム・ルミナス(梅咲遥&高瀬みゆき/YOLO)

梅咲遥、旧姓・広田さくら(WAVE)、高瀬みゆき(YOLO)

ディアナに唯一残るタッグベルト王者・ルミナス:梅咲遥&高瀬みゆきにディアナのベルトをすでに2つ保有しているプロレスリングWAVEのチーム・ハラスメント:桜花由美&旧姓・広田さくら(共にWAVE)が挑戦しました。昼のDiana 176BOX大阪大会では、チーム・ハラスメントが勝利し第16代新チャンピオンに。これにより、チーム・ハラスメントはWAVE認定タッグベルトチャンピオン+W.W.W.D タッグチャンピオンと2冠のチャンピオンになりました。

第16代W.W.W.Dタッグチャンピオンになった、チーム・ハラスメント(旧姓・広田さくら&桜花由美 共にWAVE)

前代未聞の1日に2回のタイトル戦夜の部でチーム・ルミナスが負けた場合は、セクシー下着を着る罰ゲームについてルミナスに再度告げるチーム・ハラスメントの2人

W.W.W.Dタッグベルトを奪還し、同時にWAVE認定タッグベルトチャンピオンになったチーム・ルミナス(高瀬みゆき/YOLO &梅咲遥)

夜の部で、またルミナスがチームハラスメントに負けたら、セクシー水着になるという罰ゲーム付きの試合は、ルミナスが勝利し結果、第17代W.W.W.Dタッグベルトチャンピオン+WAVE認定タッグベルトチャンピオンになりました。

チーム・ハラスメントの前代未聞の5時間天下で幕を閉じました。

 

全対戦結果

1.シングルマッチ20分1本勝負
◯ハイビスカスみぃ(9:36 首固め)マドレーヌ● ※ラ・マヒストラルを潰して

2.タッグマッチ20分1本勝負
井上京子&●Himiko(18:18 ドルミル)野崎渚◯&デボラK ※ギブアップ

デボラK&野崎渚組

試合終了後握手をする、野崎渚と井上京子

3. タッグマッチ20分1本勝負
○佐藤綾子&中森華子(15:52 ジャーマンスープレックスホールド)網倉理奈●&沙恵

4.ミックスドマッチ20分1本勝負
ジャガー横田&◯ 谷嵜なおき(10分41秒 インプラントボム)ドレイク森松 & 木下亨平●

5.W.W.W.Dタッグ選手権試合60分1本勝負
●梅咲遥&高瀬みゆき《チャンピオン》 (21分44秒 エビ固め)
桜花由美◯&旧姓・広田さくら《チャレンジャー》※ビッグブーツから

15代チャンピオンチームが防衛に失敗。桜花&広田(ハラス・メント)が第16代新チャンピオンに。

梅咲遥にビッグブーツを決める、桜花由美(WAVE)

次回大会情報

2022年3月20日(日)ディアナホームマッチ アミスタ大会Vol.5
対戦カード

第1試合:井上京子 VS Himiko
第2試合:梅咲遥&高瀬みゆきVS笹村あやめ&デボラK
第3試合クライシス同門対決
ジャガー横田&佐藤綾子 VS 薮下めぐみ&マドレーヌ

観戦チケット5,500円 / 配信チケット3,000円

3/6 アミスタ大会 Vol.4試合レポート W.W.W.Dシングルチャンピオン野崎渚 初防衛成功

2022年3月6日(日)に 「アミスタ大会Vol.4」を行いました。第1試合は佐藤綾子&デボラK組が、関口翔&Himikoと対戦しタッグとしては初の勝利を佐藤綾子 &デボラKが収めました。

佐藤綾子&デボラK組。タッグとしては初勝利。試合後の2人。

第2試合は高校受験のため休業していた「ななみ」復帰戦第1戦目でCRYSIS全員から試合を通して派手な おもてなしを受け続けました。

高校受験のため休業中だった「ななみ」復帰戦で、CRYSIS全員からそれぞれの武器を使ったおもてなしを受け、佐藤綾子のお盆で反撃をする。

メインイベントは、ブル中野を特別プレゼンターに迎え、W.W.W.Dシングルチャンピオン選手権試合を開催。現チャンピオン野崎渚が挑戦者・梅咲遥を相手に初望防衛戦に成功しました。

左、挑戦者・梅咲遥。中央、特別プレゼンターブル中野。右、第15代W.W.W.Dシングルチャンピオン野崎渚

次回、ディアナ大会は2022年3月13日(日)大阪 176BOX大会12:00開始、怪我により休業をしていた井上京子の復帰戦、W.W.W.Dタッグベルト選手権試合として、現チャンピオン ル ミナスの梅咲遥&高瀬みゆきが、WAVEのチーム/ハラスメント 桜花由美&旧姓・広田さくらと対戦します。チケットは、ディアナストア で販売中です。

第1試合 タッグマッチ 20分一本勝負 佐藤綾子&デボラK VS 関口翔 & Himiko

○佐藤綾子&デボラK(14分20秒 変形フィッシャーマンズスープレックスホールド)Himiko●&関口翔

タッグ戦の時はデボラKへの塩対応度合いが増す佐藤綾子。しかし試合中は息の合った攻撃をタッグで仕掛ける。

上、デボラK。下、関口翔。

新人 Himikoは負けじと佐藤綾子とデボラKに食らいつく。

試合中の佐藤綾子選手

Himikoにジャーマンスープレックスをかける、佐藤綾子

Himiko選手

関口翔のミサイルキックが美しく、突き刺さるように決まる。

関口翔選手のミサイルキック

変形フィッシャーマンズスープレックスホールドをHimikoにかける佐藤彩子

変形フィッシャーマンズスープレックスホールドをHimikoにかける佐藤彩子

佐藤綾子がHimikoに変形フィッシャーマンズスープレックスホールドを決めて勝利する。

第2試合 タッグマッチ 20分一本勝負 ジャガー横田&マドレーヌ VS ななみ &高瀬みゆき

ジャガー横田&●マドレーヌ(15:40 片エビ固め)ななみ&高瀬みゆき○ ※スモールパッケージホールドを切り返し

リングコールは「第一志望校 合格おめでとう!」でスタート。高校受験のため休業していた「ななみ」の復帰戦。試合開始から ジャガー横田、マドレーヌから攻撃を受け続け、セコンドに入っていた佐藤綾子がお盆を持って乱入してきたのをきっかけに、 ジャガー横田からはパイプ椅子、マドレーヌからはバトンで容赦なく打ちのめされる。今回も「CRYSIS流のおもてなし」が炸裂 した。少し大人になって戻ってきた「ななみ」も負けじと、佐藤綾子のお盆を奪ってCRYSISメンバーに反撃。

サミングを「ななみ」にかける、ジャガー横田

片腕固めを「ななみ」にかける、マドレーヌ

マドレーヌ選手とななみ選手

続く「ななみ」への 攻撃を、遮るように、難波の不死鳥・高瀬みゆきが割って入ってくるが、CRYSISの攻撃が高瀬にも降りかかる。

CRYSISメンバー(ジャガー横田、佐藤綾子、マドレーヌ)で高瀬みゆきを武器で攻撃

CRYSISメンバー(ジャガー横田、佐藤綾子、マドレーヌ)で高瀬みゆきに、佐藤綾子のお盆を使って、ミサイルキックをする佐藤綾子とマドレーヌ

試合終了後の「ななみ」と高瀬みゆき

試合時間ギリ ギリの白熱した試合となった。

メインイベント タッグマッチ 30分一本勝負 W.W.W.Dシングルチャンピオン選手権試合 現・チャンピオン 野崎渚 VS 梅咲遥

○野崎渚(14:58 エビ固め)梅咲遥● ※ノアールランサー・ハイ※第15代王者 初防衛に成功

2022年1月23日(日)新木場大会で、第15代・W.W.W.Dシングルチャンピオンとなった野崎渚の初防衛戦は、特別プレゼンター にブル中野を迎えて試合開始。 W.W.W..Dタッグチャンピオンの挑戦者・梅咲遥に試合開始と共に、野崎渚のミサイルキックが 飛ぶ。

試合開始早々、ミサイルキックを決めた野崎渚

野崎渚にチョップを立て続けにする梅咲遥

野崎、梅咲共に重いチョップの応戦で互いの体力と戦力を奪いつつも、数々の大技を仕掛けていく。梅咲の弓矢固め が3回続けて決まった時は、野崎から苦悶の声が上がる。

野崎渚と梅咲遥

弓固めを3回続けて野崎渚に決める梅咲遥

梅咲遥と梅咲遥

ノアールランサー・ハイをする野崎渚

片えび固めをする野崎渚

今回は2冠の王者とはならなかった梅咲遥だが、2022年3月13日 (日)大阪176BOX大会では、タッグベルト王者チーム・ルミナスとして野崎の所属するWAVEの桜花由美と旧姓・広田さくら、 チーム・ハラスメントの挑戦を受ける。

試合終了後、梅咲遥に語る野崎渚

試合終了後の野崎渚から、井上京子とシングルベルトをかけて戦う意志を怪我からの復 帰目前の井上京子に告げるが、

怪我による復帰目前の井上京子にベルトをかけた戦いを提案する野崎渚

そこに割って入る形で1月の新木場大会で決勝戦を行った、佐藤綾子が名乗りを挙げた。挑 戦者:佐藤綾子 で行われる野崎渚2回目の防衛戦は2022年4月29日(金・祝日)後楽園大会開場10:30 開始11:30 のメインイベントで行われる。

シングルチャンピオン野崎渚、2回目の防衛戦は佐藤綾子行う。

初の防衛に成功した、第15代W.W.W.Dチャンピオン野崎渚

ディアナ次回大会は、2022年3月13日(日)開場11:30 開始12:00 大阪176 BOX大会

2/20 アミスタ大会Vol.3試合レポート 休業中の「ななみ」が次回3/6アミスタ大会Vol.4 で復帰を宣言

2022年2月20日(日)に 「アミスタ大会Vol.3」を行いました。第1試合はデボラKが2022年1月23日(日)新木場大会に急遽出場できなかった関口翔と初対戦、 第2試合はマドレーヌがYappy(アイスリボン)をパートナーに迎え、網倉理奈&櫻井裕子とタッグマッチ、メインイベントはCRYSISの ジャガー横田と佐藤綾子が、梅咲遥&新人・Himikoと対戦しました。

第一試合 初対戦のデボラKと関口翔

第2試合 櫻井裕子にアームロックを 決めるマドレーヌ。

メインイベント 新人Himikoにお盆キック を決める佐藤綾子

試合終了後、リング上はディアナ全選手で乱闘が発生。割って入 るように高校受験のため休業中の「ななみ」が2021年7月の新木場大会以来の登場。次回、2022年3月6日(日)アミスタ大会Vol.4で復 帰戦を行うことを発表しました。

試合終了後に 休業中の「ななみ」登場 左は梅咲遥

第1試合 シングルマッチ 20分一本勝負 デボラK VS 関口翔

●デボラK(9:50 カケラホマ)関口翔○

デボラKと関口翔は今回が初の対戦。互いに強い手の握り合いからスタートし睨み合い。デボラKのスープレックス、首固め、関口翔 のミサイルキックなど2人の得意技が光る試合だった。

デボラKと関口翔

ミサイルキックをする関口翔

最後は、関口翔がカケラホマで勝利する。

カケラホマを仕掛ける関口翔

勝利する関口翔

第2試合 タッグマッチ 20分一本勝負 マドレーヌ&Yappy (アイスリボン)VS 網倉理奈&櫻井裕子

マドレーヌ&●Yappy(13:55 体固め)網倉理奈○&櫻井裕子 ※セントーン

ディアナホーム戦に多数参戦している網倉理奈の「ワー!プレス」は対戦選手ごとに扱われ方が毎回異なる。櫻井裕子を今 回タッグに迎えたことで精度が上がり、息の合った「ワー!プレス」をマドレーヌ、Yappyに仕掛ける。マドレーヌも積極的になぜかYappyに仕掛けてしまう。

マドレーヌに「ワー!プレス」をされる、Yappy(アイスリボン)

試合後にマドレーヌは自信のインスタグラム(@fight_team_michiba)で網倉がマドレーヌにかけた 「カナディアン」で一瞬意識が飛びそうになったと語っている。

「カナディアン」をマドレーヌにかける、網倉理奈

櫻井裕子とマドレーヌ

Yappy(アイスリボン)と網倉理奈

セントーンを決める網倉理奈

最後は、網倉がYappyにセントーンからの体固めで勝利する。

勝利する網倉理奈

メインイベント タッグマッチ 20分一本勝負 ジャガー横田&佐藤綾子 VS 梅咲遥&Himiko(新人)

ジャガー横田&〇佐藤綾子(16:55 ジャックナイフ)梅咲遥&Himiko●

2022年1月23日(日)新木場大会でデビュー戦を飾った、HimikoはついにCRYSISの洗礼を受けた。

デビュー戦に引き続き、ジャガー横田と対戦

ジャガー横田からは パイプ椅子攻撃、佐藤綾子からはお盆キック、セコンドについたマドレーヌもリング外から参戦してキックを繰り出し、3 人からのCRYSIS流のおもてなしとなった。

ジャガー横田からのパイプ椅子攻撃を受けるHimiko

 

お盆職人・佐藤綾子からのお盆攻撃をうけるHimiko

お盆職人・佐藤綾子からのお盆攻撃をうけるHimiko

セコンドに入っていたマドレーヌはリング外から参戦して、ジャガー横田、佐藤綾子、マドレーヌのCRYSISの3人から3方向からキックを受けるHimiko。

梅咲遥と佐藤綾子

ミサイルキックをする梅咲遥

佐藤綾子と梅咲遥の戦いは展開が早く、息つく暇もないく技の掛け合いが続 く。梅咲遥のミサイルキックは今試合でも美しく決まる。 試合は佐藤綾子がHimikoにジャックナイフを決めて勝利する。 試合後リング上はディアナ選手全員で大乱闘となり収束の気配が見えない中、アミスタの入口から颯爽と、2021年7月 の新木場大会で高校受験のため休業中の「ななみ」が登場する。ジャガー横田から「お前、辞めたんじゃなかったの か?」という問いかけに、「受験が終わったので、2022年3月6日(日) アミスタ大会Vol.4で復帰します。これからディアナ を盛り上げていけるように頑張ります。」と復帰宣言をした。

復帰宣言をした「ななみ」を挟むように立つ、左・梅咲遥と右・Himiko

ななみ復帰戦の対戦カードがどうなるか待ち望まれる。

次回の大会は、アミスタ大会Vol.4 2022年3月6日(日)13:00- 「ポスト・ディ・アミスタッド」 (神奈川県川崎市幸区中幸町3-16-1)