5月14日(日)道場マッチ ~ディアーズ・リング・カワサキ~

 

観衆:未発表

 

 
入場式に、ディアナ井上考案の対戦カードを発表。
各コーナーとも、選手の体重が200キロになるカードに決定した。

 

 

試合前には、再デビューを目指している、佐藤綾子の練習を披露。
首の運動や、ロープワーク、受け身をお見せし、最後に、京子代表が「十分試合をさせても危なくない」との判断から、6/25南陽大会での試合が決まった。

 

 

  

 

 

☆「ついに来た!!ディアナ井上、思い付き総重量200キロ変則タッグマッチ!!」
30分一本勝負
井上 京子、伊藤 薫 VS 青野 敬子、ビックバン・ニコル、2代目マスク・ド・サン
○井上 京子○伊藤 薫(16分5秒 ダブル逆さ固め)青野 敬子●2代目マスク・ド・サン●

※試合

本日、レフリー欠場のディアナ井上の考案した変則タッグマッチ。

そして、このルールにはダブルフォールも採用と追加発表があった。

試合は、体が小さい2代目サンが捕まる。体の大きさや重量には余裕勝ちかと思われたが、

2代目サンの素早い動きに困惑されて青野に交代。

青野は得意のキックを京子&伊藤に連発していく。スイングDDTやファルコンを決めるもカウントは入らず。

ニコルは、大巨人というのには申し分ないド迫力!!!

次々とパワーあふれる技を繰り出すも、伊藤に場外に出され全選手が場外へ。

京子はお客さんをニコルの上にのせて「抑えといて!」と叫ぶ。

リング上では、京子&伊藤のサンドイッチラリアットを青野&サンが下に座ってかわすも、腕を固定されてからの逆さ固めでスリーカウント。

 

 

 

 

 

 

ご来場ありがとうございます!