3月21日(月・祝)神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル

 

観衆:未発表

 

 

☆第一試合

シングルマッチ 20分一本勝負

[B・R・M]青野 敬子 VS 藤ヶ崎 矢子(JWP)

○青野 敬子(8分50秒 片エビ固め※シャイニング・ハイキック) 藤ヶ崎 矢子●

 

☆第二試合

タッグマッチ 20分一本勝負

ビッグバン・ニコル、藪下 めぐみ VS KAZUKI、ライディーン鋼(JWP)

○KAZUKI (15分44秒 片エビ固め※デス・バイ・ロドリック) 藪下 めぐみ●

 

☆第三試合

「ストロング・ディアナ・魂 VS REINA」

スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負

[スト魂]Sareee、田中 盟子 VS キャット・パワー、シルエタ[REINA]

○キャット・パワー(13分49秒 体固め※ラリアット) 田中 盟子●

 

☆メインイベント

「本隊 VS CRYSIS」

タッグマッチ 30分一本勝負

[本隊]下田 美馬、伊藤 薫 VS ジャガー横田、堀田 祐美子[CRYSIS]

○下田 美馬(12分20秒 スクールボーイ)堀田 祐美子●

 

※詳細

ゴングを待たずにクライシスが本隊を襲撃し場外へ。

ここで前回(3/4新宿大会)鼻で笑われた、B・R・Mの青野が堀田を襲う。

堀田も青野に手を出すも試合に戻る。青野は会場内で試合を見てるも、堀田は気になり、ずっと青野を意識してる。

リング内はジャガーが下田を痛めつけ、堀田に代わる。堀田も下田を関節で押さえ込むもロープブレイク。隙を見た下田が伊藤に代わる。伊藤VS堀田という緊張感のある空気の中、お互いが技を返していく。堀田はジャガーに代わると、体格差で負けない伊藤はジャガーに逆エビ固めをかけるも、体重差でも負けない伊藤から動けずに、堀田が出てくる場面も。

中盤には、堀田が下田にチェーン攻撃をするも、レフェリーの制止で「分かった」とチェーンを捨てると、すかさずジャガーが堀田に椅子を渡す。椅子を使用した攻撃はカウントは取られず、レフェリーが椅子を取ろうとすると堀田は抵抗する。そこに下田が蹴りをするもレフェリーにあたる。堀田が下田に掌底をするもレフェリー不在でカウント入らず、伊藤がジャガーと堀田を場外に落とし、場外めがけてスライディングキックをするも、後ろにいた下田にあたる。

最後は、リング上には堀田と下田。

タイガードライバーを狙う。ここで、青野が板を持って乱入し堀田に一撃。

すかさず下田が丸め込み3カウント。

 

試合後リング上

青野「オイ!!前回の新宿大会で、いろいろ馬鹿にしてくれたな!!」

堀田「なんだよ!なにしに来てんだよ?」

青野「なんでもやれよ!お前ら逃げんなよ!!」

堀田「逃げねーよ!!弱いくせになんだよ?やってやるよ!!」

青野「私は今日、余裕で勝ってんだよ!!お前らは負けてんじゃんか!負けた人の条件は聞きませ~ん。今日勝ってるのは私なんだよ!覚悟しといた方いいぞ!!!」

堀田「調子にのんじゃねーぞ!!帰れ!!!」

 

青野は余裕を見せて戻るも、クライシスは、納得のいかない様子で戻る。

 

 

 

ご来場ありがとうございました。