1月18日(日)ラゾーナ川崎プラザソル

 

観衆:146人

 

☆第一試合
シングルマッチ 20分一本勝負
青野 敬子 VS 唯我
○青野 敬子(8分52秒 片エビ固め※ハイキック)唯我●

 

☆第二試合
シングルマッチ 30分一本勝負
Sareee VS 田中 盟子
○Sareee(9分5秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)田中 盟子●
※ディアナの未来を背負う二人が初のシングルマッチ。
先輩Sareeeの厳しいエルボーや張り手にも負けずに、張り手などでやり返していく後輩の田中。
最後は、Sareeeのミサイルキック2連発を返すもジャーマンで力尽きる。
未来に期待が出来る戦いを見せてくれた。

 

☆第三試合
シングルマッチ 45分一本勝負
堀田 祐美子 VS マスク・ド・サン
○堀田 祐美子(5分50秒 反則勝ち※セコンド乱入により)マスク・ド・サン●
元暴走軍同士の戦い。サンのセコンドには青野。
開始前に暴走Tシャツを堀田の目の前で破り捨てる青野。
サンは堀田にチェーンの使用を要求するも堀田はチェーンを捨てる。
サン&青野の凶器攻撃をレフェリーが止めるも、レフェリーにも攻撃をして試合終了。

試合後マイク
サン:「暴走軍なんてもう去年からねぇーんだよ!電流爆破!?たいした事ねぇーな!なんぼのもんだよ!」
ここで次の試合に控えていた京子が登場。
京子:「電流爆破をバカにすんなよ!やってもない奴に電流爆破の名前も出してもらいたくねぇーんだよ!」
サン:「去年の話だろ!?今年は青野とやっていく。暴走!?痒くなる。気持ち悪いな。お前らだろうが、誰だろうがやってやるよ!
今年のディアナはな、この二人で(青野)で盛り上げていくからよ!チーム名はな、・・・・まだ決まってねぇーから募集中だ!」

 

☆メインイベント
新春タッグマッチ 60分一本勝負
ジャガー横田、伊藤 薫 VS 井上 京子、藪下 めぐみ
○ジャガー横田(18分47秒 ラ・マヒストラル)藪下 めぐみ●
※京子は藪下を従え登場。
対する赤コーナーは、シングル王者とタッグ王者のコンビ。
藪下が捕まる場面も多かったが、京子もパワーで伊藤&ジャガー組を倒していく。
最後は、伊藤が藪下の後頭部へラリアット、倒れたところに、ジャガーの丸め込みが決まり試合終了。